loading...
menu

手相の丘の表れ方とは?詳しく見ていきましょう!

あなたは手相の丘についてどのくらいご存知ですか?
この手相の性質を把握しておくと、掌線との関係性も明らかになっていき、
あなたの手相をより良くしていくことが可能です。

手相の丘について詳しく知りたいなら話題沸騰の手相占いは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

手相の線の表れ方でわかる手相の丘のこと

手相の丘の膨らみで線の表れ方は左右される

手相は、手のひらに刻まれた線だけを見るものではありません。「丘」と呼ばれる膨らみも重要なポイントです。
自分の手のひらを見てください。指の付け根など、盛り上がった部分がいくつかあるでしょう。これを「掌丘」と呼びます。
この掌丘の膨らみ具合は、線にも大きな影響を及ぼします。

たとえば親指の付け根の丘が大きく盛り上がり張り出していれば、この丘を囲むように描かれる生命線も大きくカーブを描くことになるでしょう。
隣り合わせの丘がそれぞれ膨らんでいることで、間に刻まれる線がクッキリとすることもあります。反対に丘が小さく萎んでいれば、この丘に入る線の本数が多くなることもあるでしょう。

つまり丘と線には密接な関係があるのです。手相を見る時は、掌丘の膨らみと線を総合的に見ると良いでしょう。

その人の運勢や個性などが分かる

掌丘は複数ありますが、それぞれ「月丘」「火星丘」「水星丘」「木星丘」など違う名称で呼ばれます。
そして各丘はそれぞれ違う意味を持っているため、手相占いにおいて暗示する内容が異なります。
各丘の膨らみ具合やハリ、線の入り方を調べることで、その人の運勢や才能、性格や個性などがわかるでしょう。

たとえば、「金星丘」は愛情を司る丘。この丘がふっくらと膨らんでいる人は、とても愛情深い人です。
更に縦線が多く刻まれていれば、恋の回数も多め。横線が多ければ、過去に辛い恋を経験してきたのかもしれません。

また、「太陽丘」は物事の成功や幸運を司る丘。この丘に短い三本の線が組み合わさった「スター」のマークが現れれば、近いうちに良い出来事が起こるでしょう。
このように、掌丘は手相に置いて重要な役割を果たすのです。

手のひらの丘は生まれ持った性質であることが多い

手相は変わりやすいものです。特に線の入り方は、暮らし方や環境、その時の気持ちでどんどん変化していくでしょう。
しかし、掌丘の膨らみは、比較的変わりにくいとされています。

肉厚でふっくらとしている人はふっくらとしたまま、小さくて平坦な人は平坦なままであることが多いでしょう。
変わったとしても時間をかけて徐々に変化していくはず。

そのため、掌丘の膨らみが表すものは、生まれ持った性質や本来の性格、潜在的な才能であることが多いのです。
環境や他人に影響されない、本質的な自分を見ることができるでしょう。

自分が本当は何を大切にしているか、どんな仕事が向いているかなどがわかるはず。先天的に持っている運気を確かめたい場合は、各丘の意味を知って膨らみ方を見ることをおすすめします。

手相の丘からわかるあなたの未来図。今後の人生を豊かにする本格占いを試してみませんか?

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです