loading...
menu

右手と左手による手相の違いを見ていきましょう

手相占いをする際、右手と左手のどちらを見れば良いのか迷ったことはありませんか?実際、右手と左手では意味するものや教えてくれることが違います。

自分の両手のひらを見てください。手相の形状が異なっている人も多いでしょう。生まれた時から刻まれているシワの違いはもちろん、日々使っている利き手が違うので、右手と左手で手相が異なってくるのです。

ではどちらの手相を見れば良いかというと、占いたい目的によって異なります。ここでは、右手・左手の手相が何を表しているか、どんな占いに適しているのかを見ていきましょう。

気になるあなたの手相の真実をお教えいたします。詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

手相占いでの右手と左手の意味

左手の手相は生まれつき持つ性質を示している

左手の手相から読み取れるものは、「先天的」な運勢。生まれつき持った性質や才能を表しています。環境や状況に影響されない、本来のあなた自身の性格を読み取ることができるでしょう。また潜在的な能力や、自分でも気が付いていない本当の望みを暗示することも。

過去や過ぎ去った出来事などを示すこともあります。左手はそもそも、感情や直感力など精神的な面を司る右脳の影響が表れる手。

つまり、左手の手相には、あなたの精神状態や気持ちの変化などが現れるでしょう。本質的な自分や、内面に深く関わる物事が左手の手相から読み取ることができます。

右手の手相は生きながら備わっていく性質を示している

右手の手相から読み取れるものは、「後天的」な運勢。今までの人生で受けた影響や、生きながらにして備わっていく性質を表しています。

努力によって得た才能や技術、現在の状況を読み取ることができるでしょう。そして、これからどうなっていくかという未来を暗示する手相でもあります。また「こうなりたい」という顕在意識や目標を確認することもできるでしょう。

そもそも右手は、理性や言葉、計算など物理的・現実的な面を司る左脳の影響が表れる手。つまり、右手の手相には、あなたの物理的な変化が現れます。具体的に今どんな状態なのかを判断できるでしょう。

先天的な性質は左手を調べ、後天的な性質は右手を調べる

以上のことから、先天的な性質や本質的な部分に関して知りたい時には左手を、後天的な性質やこれからの運勢に関して知りたい時は右手を見ると良いでしょう。

具体的には、自分はどんな性格なのか、どんな職業が向いているかなどを知りたい時は左手を調べてください。また今の恋愛がうまくいくのか、いつ結婚できるのかなどを知りたい時は右手を調べましょう。

占いたい内容によってどちらの手を見るか判断してください。ちなみに、これらは利き手が右手の人の場合です。左利きの人は、それぞれの手相の意味が反対になるので注意しましょう。

手相の見方をもっと詳しく知りたい、自分の手相のことが気になる、という方は初回無料の手相占いを試してみることをおすすめいたします!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです