loading...
menu

玉の輿線の概要や、線を持っている人の特徴について

「玉の輿線」とは、結婚線と太陽線が交わっている線のこと。手の側面、小指の付け根に刻まれる横線が結婚線であり、薬指の付け根の太陽丘と呼ばれる場所に刻まれる縦線が太陽線です。

結婚線が長く伸び、太陽線とくっついているような手相が玉の輿線。この手相は、その人の富や財力、セレブ性を表します。誰にでも現れる線ではなく、大企業の社長の家族や海外セレブなどに見られるものです。

自分で稼いだお金でなくても、家族やパートナーなど環境的な要因によって裕福な生活を送ることができるという見方ができるでしょう。お金に苦労することのない充分な財産を持っている人に現れる線です。

また金銭や財産だけでなく、名誉や名声を得ることもできるはず。名家の生まれや財閥グループの関係者などに現れる、富と名誉の両方を手にすることを暗示する線です。

玉の輿線がなくても成功する方法をお教えします。あなたの手相から成功への道をアドバイス!

自分の手相を調べる

珍しいと言われる玉の輿線を持つ人はどんな人?

玉の輿線がある人は、高い金運を持っている

玉の輿線を形成する太陽線は、富と成功を象徴する線。別名「金運線」と呼ばれることもある、素晴らしい金運を表す線です。そのため、玉の輿線がある人は非常に金運が良いと言えるでしょう。

何らかの要因によって、大きな財産を手にすることができるはず。特に権利譲渡や遺産相続など、自分で働いて稼いだお金ではない財産を手にするチャンスがありそうです。

場合によっては一生働かなくても良いくらいの莫大な財産を手にすることもあるでしょう。今までは貧乏だった人や庶民的な生活を送っていた人でも、一発逆転で一気にセレブの仲間入りをすることもあります。

周囲に羨ましがられるような幸運に恵まれるでしょう。この太陽線が濃くハッキリとしているほど、大きな財産を手にすると言われています。

玉の輿線が表れるとお金持ちと結婚できる可能性も高くなる

この線は、パートナーからの良い影響によって富と名声を得ることを暗示する線。「玉の輿線」という名前の通り、結婚によって財産を築く可能性も高いでしょう。お金持ちやセレブと結婚し、まさしく玉の輿に乗ることもできるはず。

この線を持っているのが男性であれば、逆玉に乗ることも可能でしょう。思わぬ場所で会社の社長や財閥の令嬢など有力者に見初められ、お付き合いを経て結婚できるかもしれません。

相手の財産によって何一つ不自由のない裕福な暮らしができるでしょう。または結婚相手と二人で協力して大きな財産を築き上げる場合もあります。

特に今までなかったのに玉の輿線が現れたという場合は、玉の輿に乗れるチャンスが近づいてきている印。パーティーなど、人が大勢集まる場所に積極的に出かけると良いでしょう。

玉の輿線がなくても落ち込む必要はありません。
今なら、玉の輿線がなくてもあなたが幸せになる方法を占いでお教えします!

さっそく占ってみる

シェアしていただければ幸いです