loading...
menu

恋愛運に関する手相!あげまん線やパートナー線などを解説

恋愛運に関する手相を一挙にご紹介!

※モテ線はこちら →「モテ線の概要と意味

※結婚線はこちら →「結婚線の概要と意味

※玉の輿線はこちら →「玉の輿線の概要と意味

※影響線はこちら →「影響線の概要と意味

その他の恋愛運に関する手相は、この先をチェック!

恋愛運に関する手相がなくても成功する方法をお教えします。あなたの手相から成功への道をアドバイス!

自分の手相を調べる

情愛線について

情愛線

情愛線がある人は恋人の存在を強く感じる時期や常に恋愛をしている人が多いようです。この線は異性に対して関心が強い事を示しています。本当に好きな人がいるのならいいのですが、不倫や浮気をしてしまう可能性もあるので注意してください。また、この線が常に消えない人はには浮気癖の心配があるかもしれません。

恋愛後回し線について

恋愛後回し線

感情線の先が親指の付け根のほうに下降して終わる線を恋愛後回し線と言います。この恋愛後回し線は、恋愛よりも趣味や仕事を優先する人に多く現れる線です。また、このタイプとは逆で恋愛をしたいけど異性に対する理想が高すぎて恋愛が出来ないタイプもこの手相が出るでしょう。

あげまん線について

あげまん線

あげまん線の相がある人は男性でも女性でも人の運勢を上げる才能に恵まれています。人の気持ちを上げてような何気ない一言を自然とかけているかもしれません。人の事を幸せに出来る人には、自然と幸せがやってきます。

まだあげまん線のない人は、まずは人のいいところを見つけてそれを声に出す練習をしてみましょう。幸運が訪れ、あげまんの相が出てくる可能性があります。

パートナー線

パートナー線

パートナー線とは、生命線の内側に出る短い線です。この線は、とても繊細な線なので、探すのも一苦労。パートナー線が切れていたりたくさん刻まれている場合、今後の恋愛で素敵な人に出会える可能性が少ない事を示しています。

晩年線について

晩年線

運命線の先がみっつに分かれている線が晩年線。この相がある人は、今大変な状況に見舞われていたとしても必ず最後には幸せな生活が訪れるでしょう。それは、今を幸せになる為に日々努力しているからです。

幸せはいきなりは訪れません。小さな幸せが重なって大きな幸せへと進化してしきます。多くの方がそこで努力を怠ってしまいますが、晩年線の相がある人は、その努力を続ける事が出来る考えを持っています。だからこそ、幸せを呼び寄せる運勢を引き寄せることができるのです。

恋愛運に関する手相がなくても落ち込む必要はありません。
今なら、恋愛運に関する手相がなくてもあなたが幸せになる方法を占いでお教えします!

さっそく占ってみる

シェアしていただければ幸いです