loading...
menu

仏眼相の概要や、線を持っている人の特徴について

「仏目相」とは、親指の第一関節にあたる場所に現れる、二本の短い線で囲まれた目のようなマークのことです。

超能力を持っていることや霊感の高さを表す線であり、誰にでも見られる手相ではありません。第六感が働きやすい人や、霊能力者や占い師などに多いようです。

このマークを持っている人は、誰もいないところで人の気配を感じたり、目で見えないはずのものが見えたりと、不思議な体験をすることが多いでしょう。

また、直感力の高さや素晴らしい記憶力などを表す線でもあるため、この線を持っている人は妙にカンが鋭かったり、テストで山を当てたりすることができるはず。

異常に頭の回転が早く、周囲を驚かせることもあるようです。いずれにしても、ちょっと他の人とは違う特殊なスキルを持っている人に現れるマークだと言えるでしょう。

仏目相がなくても成功する方法をお教えします。あなたの手相から成功への道をアドバイス!

自分の手相を調べる

珍しいと言われる仏眼相を持つ人はどんな人?

仏眼相がある人は、発想力やインスピレーションが高い

仏眼相があるという人は、高次元の存在と繋がっているという見方ができます。宇宙的な意志と繋がっているため、ある種のお告げを受けやすくなるでしょう。

そのため、非常にインスピレーションが高く、まるで予知能力があるかのような先見の明を持っている人が多いはず。

無意識でも、不思議と周囲の人とは違う視野を持てるでしょう。まるで第三の目を持っているかのように、多角的に物事を見ることができます。

発想力が高く、柔軟に物事を考えることができるはず。仏眼相を持つ人に感受性が強い人が多いのはそのためです。

感覚が鋭く、意識せずとも周りにアンテナを張り巡らせることができるので、すぐに最先端の情報をキャッチすることができるでしょう。

周囲の人が誰も思いつかないようなアイデアを出し、物事をスムーズに運ぶことができそうです。

自分の興味のある分野で活躍すると運気が上がる

いくら仏眼相を持っているからと言って、万事がうまくいくわけではありません。「つまらない」と感じる状況が続くと、才能や実力を発揮することなく神秘的な能力が失われてしまうこともあります。

手相はその人の気持ちの持ちようや意志の強さに大きく左右されるもの。怠惰な日々を送っていれば、仏眼相がなくなってしまうこともあるでしょう。

反対に、目標を持って充実した毎日を送ることができれば、仏眼相はその人の力になってくれるはずです。

興味のある分野で活躍し、「楽しい」と感じる日々を過ごすことで更に運気がアップしていくでしょう。

インスピレーションが高まり、カンが冴えわたっていつでも正しい選択ができるはず。進めている物事がうまく進み、成功を収めることができるはずです。

仏目相がなくても落ち込む必要はありません。
今なら、仏目相がなくてもあなたが幸せになる方法を占いでお教えします!

さっそく占ってみる

シェアしていただければ幸いです