loading...
menu

仕事運に関する手相!カリスマ性や適職が分かるかも

仕事運に関する手相を見てみよう!

皆さんの仕事運をアップさせる掌線の紹介です。将来のあなたのキャリアアップや、転職、適職についてあなたの掌線が導いてくれるはず。手相で仕事運をアップさせる為によく自分の手相と見比べてみてください。自分の運命を知る事で、今の仕事にやりがいが出てくるかもしれません!

仕事に関する手相がなくても成功する方法をお教えします。あなたの手相から成功への道をアドバイス!

自分の手相を調べる

仕事線について

仕事線

仕事線は、人生のくくりで考えたときに仕事の比率が多い人の手にある相。簡単にいえば、仕事を生きがいとしている人によく見られる線です。この線がある方は、仕事に対するポテンシャルがとても高い可能性があります。

この才能をうまく生かすことで、仕事で何か大きな事を成し遂げる可能性があります。また、仕事線がある人はある程度器用に仕事をこなすことが出来るので、転職をしても失敗しづらい傾向があるでしょう。

ヘッドハンティング線

ヘッドハンティング線

一つの仕事をずっと続ける事はとても素晴らしい事ですが、能力のある人は上を見てステップアップすることも必要かもしれません。

ヘッドハンティング線はヘッドハンティングされたとき、それがあなたにとってプラスになるかが分かる相です。生命線が途切れている場合、境遇の変化を意味します。今までと違う新しい生活が来ることを暗示するもので、転職・転勤が近い事を意味するでしょう。

また、運命線に対して、妨害するような線が刻まれている場合、仕事で大きなトラブルに巻き込まれることを暗示します。妨害線を受けた運命線は線は、悪い変化が起こりうる事を表しているのです。もし何か心あたりがある方は早めに対策を打つ事をオススメします。

カリスマ線

カリスマ線

親指の付け根の更に下、手首の辺りから伸びている線をカリスマ線と呼びます。この相がある方は、人に頼られ、責任が強いリーダータイプでしょう。困っている人がいるとつい意識してみてしまうほど面倒見のいい人です。

人の役に立つことが好きなので、ボランティア活動などを積極的に行うと多くの人に感謝され、より一層運気が上がるでしょう。人を無意識に寄せ付けるオーラを持ち合わせているので、芸能人などの華やかな世界に向いています。カリスマ線がある人は今まさに輝いているのです。素敵な未来に向けて強運を逃がさないで下さい。

世渡り上手線

世渡り上手線

世渡り上手線の紹介をします。頭脳線の上に縦の短い相があれば、あなたには世渡り上手の才能があります。世渡り上手な人は頭の回転がとても速く、とっさの答えでもしっかりと対応できるでしょう。ですので上司など年上に気に入られやすく、世渡り上手と言われるのです。

世渡り上手線がある人は、誰とでも友達になれるような人気者が多い傾向にあります。世渡り上手な人は、状況をうまく読むことに長けているので、自分がどんな状況に置かれているかを把握する才能もあるので運勢の流れを上手に見極める事ができるはず。

奉仕十時線

奉仕十字線

奉仕十字線の相がある人は、成功する起業家の手に多くある相です。別名お助け十字線とも言います。この線は、手の平の下側、運命線と生命線の間で十字型になっている線です。

この相がある人は、相手が求めているモノが感覚的に分かってしまう才能の持ち主。お客のニーズをすぐに理解できるため、ビジネスがどんどん成功していくでしょう。この相は人から信頼される才能を示す相でもあります。

ミラクル線

ミラクル線

運命線、生命線、頭脳線、感情線の4つの線からできる手のひらに現れる「M」。この「M」からミラクル線と呼んでいます。別名「適職線」で今の仕事が向いているという線です。この相が見られた方は、自信を持って今の仕事を突き進んでください。

たとえ自信がなくてもあなたはミラクル線の持ち主。他の人は持ち合わせていない才能なのです。しっかり自分の手相と見比べながら自分の才能を上手く活かして、いい運命を引き寄せてください。

マネージメント線

マネージメント線

マネージメント線は、生命線の起点付近から生じる線です。マネージメント線の持ち主は、人に尽くす事に向いているとされています。部活動のマネージャーや、秘書の方に多く刻まれている掌線です。また、よく恋人に尽くす人にも刻まれます。

人に尽くせる人は、人を管理する能力にも長けているので、管理職についている方にも多く見られます。この線がある方は、管理職などの人を管理する職業に縁があるのかもしれません。

仕事に関する手相がなくても落ち込む必要はありません。
今なら、仕事に関する手相がなくてもあなたが幸せになる方法を占いでお教えします!

さっそく占ってみる

シェアしていただければ幸いです