loading...
menu

金運を上げるための手相の書き方について

最近お金の巡りが良くないとか、出費が止まらないなんてことはありませんか?
それはもしかすると運気の低下が引き起こしている可能性があります。
良くない運気のまま放っておくと、さらに悪い展開に発展することもありますので、
手相を書いて、しっかりと金運アップしていきましょう!

金運を上げるにはどうすればいい?あなたの手相を調べることで驚くほど運気が上がります!

自分の手相を調べる

アイキャッチ①

様々な目的に応じた、金運を上げる手相の書き方

お金がほしいとき

「太陽線」は薬指の付け根の膨らみである太陽丘に現れる縦線で、下に向かって伸びていきます。主に金運に関わる手相で、太陽線がハッキリとしている人は地位や名誉を得て人気者になり、社会的に成功するでしょう。

仕事面での評価もアップし、金銭面に恵まれるはずです。お金が欲しい人や金運をアップさせたい人は、この太陽線を太くハッキリさせるようになぞりましょう。

お金に関する運勢をアップさせる時は金色の水性ペンを使うのがポイント。通常太陽線は感情線の下あたりまでの長さですが、知能線の下までグンと伸ばしてください。

仕事運が上がり、収入がアップするはずです。また女性の場合、結婚線を伸ばして太陽線に触れさせると玉の輿に乗ることができるでしょう。

地位や名誉、財産を持った相手と結婚することができるはずです。

貯金したいとき

「財運線」とは、小指の付け根の膨らみである水星丘に現れる縦線のこと。1~3センチ程度の短い線で、その名の通り財産や金銭を蓄えることができるかどうかを表します。

この線がハッキリと出ている人は、財産が増えて豊かな暮らしができるでしょう。そのため貯金を貯めたい人は金色の水性ペンを使い、財産線を濃くするようになぞってください。

金運が活性化して貯蓄が増えるはずです。無駄遣いを減らし、その分きちんと貯めることができるようになるでしょう。

ちなみにこの財運線が小指と薬指のちょうど中間あたりに表れている場合、ギャンブル運が高いことを示します。

投資やギャンブルを考えている人は、ここに線を引くのも良いでしょう。成功したり大穴を当てたりして、その分財産を増やせるかもしれません。

金銭トラブルを解消したいとき

投資の失敗や借金、お金の貸し借りなど金銭トラブルを抱えている人は、金色のペンを使って知能線がハッキリするようになぞりましょう。

「知能線」とは親指と人差し指の中間から始まる、手のひらを横切っていく斜めの線のこと。その名の通り知性や才能、性格や得意分野などを表す手相です。

この線がハッキリしている人ほど頭脳明晰で自分のことを正確に把握しているでしょう。知能線を金色のペンでなぞることで、思考力や集中力を高めて良いアイデアを浮かびやすくすることができます。

金銭トラブルを解決するための効果的な対処法が見えてくるはず。お金に関するやりくりがスムーズになり、しっかり解決することができるでしょう。

また自分の適性や得意な物事もわかってくるので、適職を見つけたり仕事を効率的に進めたりもできます。収入もアップするでしょう。

もっと金運を上げたいと望む方には本格的な手相占いがオススメ!詳しくは下記ボタンをクリック!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです