loading...
menu

結婚運を上げるための手相の書き方について

あなたは今結婚したい人がいますか?結婚とは、相手との駆け引き、婚期などのタイミングなど、多かれ少なかれ運が左右してくるもの。
幸せな結婚を送るためにも結婚運をあげることは不可欠です。
そのためにもまずは手相を書いてみましょう!

結婚運を上げるにはどうすればいい?あなたの手相を調べることで驚くほど運気が上がります!

自分の手相を調べる

様々な目的に応じた、結婚運を上げる手相の書き方

彼と結婚したいとき

「結婚線」とは、小指側の手の側面にある短い線のこと。小指と感情線の間に現れ、1本の人もいれば数本見られる人もいます。

結婚の時期やどんな結婚生活になるかなど、その名の通り結婚や恋愛に関する運勢を表す手相です。

今の彼と結婚したい人は、右手の結婚線の中から一番目立つ結婚線を、赤ペンを使ってくっきりとなぞりましょう。

結婚運がアップし、幸せな結婚に向かって状況が動き出します。彼が結婚に対して前向きになってくれるはず。周囲の協力も得やすくなります。

停滞していた二人の関係が進展し、突然プロポーズされるかもしれません。ちなみに右手は「後天運」を表すもので、これからの生活に影響を与えます。

右手の結婚線をハッキリとさせることで、幸せな未来に向かって大きく運気を上げることができるでしょう。

自分の婚期を早めたいとき

出現している結婚線の位置で、自分がいつ頃結婚できるのかを判断することができます。小指と感情線の間を二等分した時、ちょうど真ん中を30歳と見てください。

それよりも結婚線の位置が下であれば早婚、上であれば晩婚の傾向があると言われています。感情線ギリギリであれば20歳頃、小指ギリギリであれば40歳頃になるでしょう。

もっと早く結婚したいと思う人は、結婚線を書き足してください。赤ペンを使って、今の結婚線よりも上の位置に一本線を書きましょう。

複数の線がある人は、どの線よりも上に書いてください。運勢を上書きすることができるはずです。

結婚の運気がグンとアップし、将来に繋がるような相手と運命的な出会いを果たすことができるでしょう。大恋愛を経験し、そのまま結婚の時期を早めることができるはずです。

子宝に恵まれたい、幸せな家庭を築きたいとき

子供を授かって温かな家庭を築きたい人は、赤ペンを使って親指の根本の膨らみを囲むように丸く生命線をなぞりましょう。

半円を描くようなイメージで、親指と人差し指の付け根の中間から手首に向かって大きな弓型にすることがポイントです。生命線は、生命力やスタミナ、健康状態を表すバロメーター。濃く長いほど生命力があると言われています。

子宝を授かるには体力が必要なため、力強い生命線を描いて生命力をアップさせると良いでしょう。元気な赤ちゃんを授かることができるはずです。

また内向きに丸くカーブを描いている生命線は、家庭的な人間である印でもあります。家庭に入り、良い妻・母となって家族を支えることができるでしょう。

描いた丸い円のように、円満で幸せな家庭を築くことができるはずです。

もっと結婚運を上げたいと望む方には本格的な手相占いがオススメ!詳しくは下記ボタンをクリック!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです