loading...
menu

恋愛運を上げるための手相の書き方について

恋愛運を上げたい方にうってつけの手相の書き方をご紹介いたします!
パートナーがいる人も、シングルの人も、恋愛運を高めるならぜひ一度お試しください!

手相を上げるにはどうすればいい?あなたの手相を調べることで驚くほど運気が上がります!

自分の手相を調べる

様々な目的に応じた、恋愛運を上げる手相の書き方

素敵な出会いが欲しいとき

「木星丘」とは、人差し指の付け根部分の膨らみのこと。目標達成や願望成就を表す丘で、社会的に成功している人がよく膨らんでいると言われています。

素敵な異性との出会いが欲しい人は、左手の木星丘に赤ペンを使って十字マークを書き込みましょう。小さな十字架を描くイメージで、膨らみの上に「十」という文字をハッキリと書くことがポイントです。

通常、クロスは凶を表すマークなのですが、木星丘に現れるくっきりしたクロスだけは例外。「アベックマーク」と呼ばれることもある、愛情運を大幅にアップさせてくれるマークなのです。

幸福を呼んでくれると言われており、大恋愛を叶えることができるでしょう。近いうちに理想的な相手と運命的な出会いを果たせるはず。そのまま結婚まで進むことができるかもしれません。

異性にモテたい、彼に愛されたいとき

「金星丘」とは、親指の付け根部分にある生命線に囲まれた膨らみのこと。愛情や恋愛、スタミナや生命力を表す丘で、金星丘が発達している人は愛情深いと言われています。

異性にモテたい人や好きな相手に振り向いてもらいたい人は、左手の金星丘に赤ペンを使って「*」というマークを書きましょう。

このアスタリスクのように三本の短い線が組み合わさってできたマークは、「スター」と呼ばれる吉兆の証。希望と成功を象徴するマークで、現れた丘に関する幸運を運ぶとされています。

金星丘にスターを書き込めば恋愛に関する運勢が良くなり、思い通りに恋を叶えることができるでしょう。異性から魅力的に見えるようになるため、人気者になれるはず。

急にモテるようになって恋人ができたり、彼氏から更に愛されたりするでしょう。

好きな彼と復縁したいとき

「恋愛線」とは、親指の付け根である金星丘から出発し、生命線を横切って感情線に到達する線のこと。その名の通り恋愛成就や大恋愛の時期を表す手相です。

恋愛線はその人の想いの強さに比例するもので、気持ちが強いほど濃く長く表れるとされています。一度別れた彼とよりを戻したい人は、赤ペンを使って左手の恋愛線を長く書き足しましょう。

始点は親指の付け根のシワに、終点は感情線に思い切りかかるようにしてください。恋愛運がアップし、復活愛を叶えることができるはずです。

特に生命線の流年法に従って、今の自分の年齢に近い部分の生命線を横切ると、近いうちに復縁することができるでしょう。

二人の結びつきが強まり、よりを戻すチャンスが訪れるはず。相手の方から「復縁したい」と申し出てくれるかもしれません。

もっと手相を上げたいと望む方には本格的な手相占いがオススメ!詳しくは下記ボタンをクリック!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです