loading...
menu

仕事運を上げるための手相の書き方について

生活する上で欠かせないものの一つが仕事です。好きなことが職業にできていればいいですが、実際は中々そうもいかず、我慢しながら働いている方は多いかと思います。
仕事を充実させためにも、また、その新たな一歩を踏み出すためにも、手相を書いて仕事運を高めていきましょう!

手相を上げるにはどうすればいい?あなたの手相を調べることで驚くほど運気が上がります!

自分の手相を調べる

様々な目的に応じた、仕事運を上げる手相の書き方

出世したいとき

人差し指の付け根にある膨らみが「木星丘」。願望成就や目的達成を司り、野望や向上心を持っていることを表す丘です。

仕事運に関係しており、木星丘にラッキーサインが現れると社会的に成功するとも言われています。仕事で出世したい時は、木星丘に「□」というマークを書き込みましょう。

この短い4本の線で作られた四角形のマークは「スクウェア」と呼ばれる手相で、守護や保護、物事の安定を表します。

木星丘に書き込めば仕事が円滑になり、目的達成しやすくなるはず。社内関係が良くなり、上司や同僚とのコミュニケーションがスムーズになります。

たとえ仕事上でトラブルがあっても仲間に守ってもらえるでしょう。丘の働きを強める意味もあるので、上司から評価を得やすくなります。仕事の運勢がアップし、すんなりと出世できるでしょう。

独立したいとき

独立や開業することを考えている人は、生命線の途中から薬指に向かって伸びる一本線を書き足しましょう。

この上向きの線は「開運線」と呼ばれ、人生の新たなスタートにおいて成功をもたらす手相だとされています。夢や目標を叶えたい人や、新しく事業を始める人にぴったり。

金運や名声運、昇進運など仕事に関する運勢がアップするはずです。今まで進めてきた準備がしっかりと反映され、新しい仕事がスムーズに軌道に乗るでしょう。

大きなトラブルもなく、また周囲からの協力も得やすくなるはずです。ポイントは、生命線の流年法に則って独立を目指す年齢の位置から開運線をスタートさせること。

そして薬指の根本あたりまでしっかりと長く線を伸ばすことです。今までの努力が実り、新しい事業がうまくいくでしょう。

適職を見つけたいとき

「運命線」とは、手のひらのほぼ中央を縦に走る線のことです。その名の通り人生の運勢や満足度、自分自身の努力の度合いなどを表します。

仕事運はこの運命線に深く関係しているもので、運命線から仕事の状態や成功度を判断することができるでしょう。

仕事に満足していない人は運命線が薄く細く、また転職を繰り返す人は運命線が途切れているとされています。

自分にぴったりの仕事を見つけたい人は、運命線がハッキリするように濃く太く、長くなぞって書きましょう。

仕事運がアップし、満足いくような良い仕事に就くことができるはず。

生涯続けていけるような適職を探すことができるはずです。仕事の内容はもちろん、職場の人間関係などの環境面、給料やボーナスなどの金銭面でも満足いく結果となるでしょう。

転職活動、就職活動をしている人にぴったりです。

もっと手相を上げたいと望む方には本格的な手相占いがオススメ!詳しくは下記ボタンをクリック!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです