loading...
menu

太陽線の概要や形状から見た線の意味について

「太陽線」とは、太陽丘と呼ばれる場所である、薬指の付け根に現れる縦線のこと。物事の成功や幸運を司る手相であり、周りからの評価や社会的地位、金運やその人の満足度などを表します。

誰にでも現れる線ではなく、太陽線がある人は富や名声を得ることになるでしょう。一般的には薬指の付け根から感情線あたりまでの長さが標準とされており、それよりも長い場合はより金銭的に恵まれると言われています。

この線が現れたら、人気者になったり周囲からの引き立てを得たりする印。芸能人や大会社の社長など、社会的に成功している人が持っているとされる手相です。

太陽線が真下にしっかりと延びていれば、幼少の頃から順調に発展する運気を表しています。徐々に左に曲がってきている場合、その人の努力によって得られる栄光を表しています。太陽線が感情線下から弧を描いて昇っているとき、本人の地道な努力による発展を表すことから、技術屋にとっては良い相といえるでしょう。よくある形状については、下記で詳しく解説します。

あなたの太陽線を診断して開運する方法についてお調べいたします!詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

よくある形状から太陽線の意味を知ろう

太陽線が薄い時の意味

太陽線は刻まれているだけで幸運の証なので、薄かったり細かったりしても良い暗示です。ただし、薄い太陽線は現状に満足できていない印。せっかく実力も才能もあって運勢も良いのに、そのチャンスを活かしきれていないことを表しています。

または自分が思っていたものと違う結果になっているのかもしれません。周囲からは「羨ましい」と思われる状況でも、その人にとっては望まない現状になっているのでしょう。

もしくは、ある程度成功を収められてはいるけれどまだまだ満足できていないという見方もできます。薄い太陽線の人は、まだ伸びしろがあると言うことです。

太陽線が濃い時の意味

太くハッキリと刻まれている太陽線は、目的を達成して満足することができる証。濃い太陽線であるほど運勢が強く、周囲からの引き立てや協力を得られでしょう。

周りから評価されやすく、結果に結び付きやすいはず。家族や同僚とも良い関係を築けます。何の憂いもなくひとつの仕事に打ち込み、自分の得意な分野で成功を収めることができるでしょう。

結果として金銭的にも大いに恵まれるはずです。状況に自分で満足することができるので、性格的には明るくポジティブな人が多いでしょう。自分で思い描いた通りの素晴らしい人生を歩めるはずです。

太陽線が結婚線と交わっている時の意味

小指の下に現れる結婚線が横に伸び、太陽線と交わったりくっついたりしている手相は、結婚によって人生が成功する吉相。いわゆる玉の輿に乗れる手相です。

社会的に成功している人やお金持ち、周囲から人気がある異性と出会い、そして結ばれるでしょう。周りから羨ましがられるような結婚ができるはず。力を持っている相手の恩恵を得て、幸せになることができそうです。

場合によっては結婚で人生が劇的に変化するかもしれません。この手相の持ち主は、性格的に人当たりが良く、明るくて気配り上手な人が多いようです。

太陽線についてもっと詳しく知りたい方は本格的な手相占いをお試ししませんか?話題沸騰の手相占いで今後の人生をより良くしていきましょう!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです