loading...
menu

あなたの手相は?財運線の概要や形状から見た線の意味について

「財運線」とは、小指の付け根、水星丘と呼ばれる場所に現れる短い縦線のこと。文字通り財力や金運などを表す線であり、貯金ができるかどうか、商売が繁盛するかどうかなどを読み取ることができます。

誰にでも現れる線ではなく、基本的には出現するだけで金運が良いと判断できるでしょう。特にハッキリと刻まれている一本の太い財運線は吉相。お金儲けの才能があり、しっかりとお金を貯めることができるはずです。

生活に余裕が生まれ、金回りが良くなるでしょう。ただ、本人の満足度にも左右されるので、金銭的に恵まれていても満足していない場合などには現れないこともあります。

あなたの財運線を診断して開運する方法についてお調べいたします!詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

よくある形状から財運線の意味を知ろう

財運線が複数刻まれている時の意味

何本も財運線が刻まれている手相は、お金を消耗してしまう暗示です。見方としては、基本的にはお金を稼ぐための複数の才能に恵まれていますが、それ以上にお金の出入りが激しいと判断できるでしょう。

収入も大きいですが、支出もかなり大きくなってしまいます。結果として手元にはほとんど残らなくなってしまうでしょう。欲しい物は何でもすぐに買ってしまう浪費家や、考えなしに投資するタイプの人に多く見られます。

特に細く薄い線がたくさん刻まれている人は注意してください。計画性を持つと無駄な出費を抑えることができるでしょう。

財運線が妨害線と交わっている時の意味

妨害線は、その名の通り運勢を妨害する凶相です。財運線の上を横切るように妨害線が交わっている場合は、金運が低下してしまうサイン。それも思いもよらない金銭トラブルによって大きな損害を負ってしまうでしょう。

一時的には収入がアップしたり大きな収入を得たりして余裕が生まれるかもしれません。しかし、投資に失敗したり無駄遣いをしたりして、大きなお金を失うことになるでしょう。場合によっては会社の倒産や自己破産もあり得ます。

この手相が現れたら、たとえ現在が良い状況であったとしても油断せず、気を引き締めてください。

財運線の上にほくろがある時の意味

基本的に水星丘に出現するほくろは良くない暗示だと言われています。特に財運線の上に出現した場合、金銭的に大きな損失があるかもしれません。それも、他人が原因でお金を失うことになるでしょう。

たとえあなたが誠実に働いて稼いだお金だとしても、それは他人の嫉妬や羨望の的になってしまいます。盗まれたり横取りされたりするかもしれません。事業の失敗や倒産にも結び付いてしまうでしょう。

ほくろは線とは違い、なかなか消すことができないもの。運気を変えるというよりも、保険に入ったり貯金をしたりして自分を守ることに徹しましょう。

財運線についてもっと詳しく知りたい方は本格的な手相占いをお試ししませんか?話題沸騰の手相占いで今後の人生をより良くしていきましょう!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです