loading...
menu

あなたの手相は?恋愛線の概要や形状から見た線の意味について

「恋愛線」とは、感情線上を起点とし、生命線に向けて伸びる線のこと。その名の通り恋愛に関する運勢を表す線で、大恋愛をする時期や運命的な出会いを果たす時期を読み取ることができます。

恋愛が盛り上がる大体の年齢を知ることができるでしょう。本人の気持ちが大きく関係する手相なので、片思いでも気持ちが強ければハッキリとした線が現れ、恋人がいても気持ちが冷めていれば線は現れません。

その人の恋愛傾向や恋愛の回数などを知ることができる手相です。気持ちが最も盛り上がっている時期を表すので、結婚の時期を知ることもできるでしょう。

あなたの恋愛線を診断して開運する方法についてお調べいたします!詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

よくある形状から恋愛線の意味を知ろう

恋愛線に島の模様が出来ている時の意味

「島」と呼ばれる楕円形の模様はトラブルの暗示です。恋愛線の途中にぽつりと島が浮かぶような模様が出ている場合は、悩み多き恋の印。思い通りにならなかったり、好きになってはいけない相手を好きになったりと、苦しい恋になってしまうでしょう。

既婚者や恋人がいる相手に恋をするかもしれません。逆に既婚者である自分自身が別の異性に恋をする可能性もあります。

または恋人が浮気性だったり、好きな相手が異性関係にだらしなかったりと悩みを抱えることになるでしょう。線が濃ければ濃いほど気持ちが強くなるので、その分苦しむことになりそうです。

恋愛線が長くなっている時の意味

生命線を大きく通り過ぎるような長い恋愛線は、その人の想いの強さの証でもあります。大恋愛に発展する可能性が高く、見事に恋を成就させることができるでしょう。見方としては、生命線の流年法に則って判断します。

生命線と恋愛線が交わる場所が、恋が実る年齢。手のひらの中心あたりを30歳とし、親指に近いほど若く、手首に近いほど遅い年齢で恋が叶うでしょう。周りが見えないほど情熱的な恋になるはずです。年齢によっては結婚を示唆することも。

ただし既に結婚している場合は、危ない恋に夢中になってしまうことの暗示でもあります。

恋愛線が短くなっている時の意味

生命線まで届かずに途中で終わっているような短い恋愛線は、片思いの暗示です。好きな相手ができても、経験不足だったり努力が足りなかったりして、相手に振り向いてもらえないまま終わってしまうでしょう。

または愛情不足により、たとえ付き合うことになっても大恋愛まで発展せずに終わってしまうかもしれません。この手相は特に若い年齢(15歳~18歳頃)を表す生命線上に現れることが多く、「恋愛短線」と呼ばれることもあります。

その時は苦しい思いや辛い思いをすることになりますが、人生を歩む上で大きな経験となるでしょう。

恋愛線についてもっと詳しく知りたい方は本格的な手相占いをお試ししませんか?初回無料の手相占いで今後の人生をより良くしていきましょう!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです