loading...
menu

健康線の概要や形状から見た線の意味について

「健康線」とは、感情線の下あたりの場所を起点とし、親指の付け根である金星丘にむかって緩く下降するように伸びる線のこと。その人の総合的な健康状態を示す、バロメーターのような役割を果たします。

誰にでも現れる線ではありませんが、健康線が現れているからと言って健康だということではありません。逆に不健康さや病気の状態を表していることもあるでしょう。健康線がない方が良いと言われることも。

一般的には、ピンと真っ直ぐ伸びる健康線が健康の証だと言われています。その他、見方によっては病気の進行具合などを調べることもできるでしょう。

あなたの健康線を診断して開運する方法についてお調べいたします!詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

よくある形状から健康線の意味を知ろう

健康線がくっきりとしている時の意味

健康線の濃淡は、そのまま健康状態を表します。通常は薄っすらと刻まれていることが多い線ですが、くっきりと刻まれている場合や二重に見えるほど太い場合は、その人が不健康である証。

暴飲暴食や睡眠不足などが災いし、体調を崩していることを暗示しています。自覚症状がなくても見えない病気を抱えているケースもあるので、早目に健康診断を受けた方が良いでしょう。

濃ければ濃いほど病気が深刻であることを表します。ストレスが原因で心身共に調子を崩すこともあるでしょう。不摂生を控え、健康的で癒しのある生活を送ることをおすすめします。

健康線が生命線と交わっている時の意味

健康線の先端が伸び、生命線と交わっている場合は、病気が進行してきている証です。最初は気づかないような些細な症状だったかもしれませんが、やがて病が進んで自覚症状がハッキリと出てくるはず。

このような手相の場合は、一刻も早く病院で診察してもらいましょう。また、大病を患う年齢を表しているという見方もできます。生命線の流年法に則り、二つの線が交わる場所を見れば病気になる年齢がわかるでしょう。

もし現在よりもかなり先の年齢なら、今から健康に気を使い、こまめに診察を受けるようにしてしっかりと病気を予防してください。

健康線が蛇行している時の意味

ぐねぐねと蛇行している健康線が表すものは、病気になる体の部位です。この場合は、肝臓や腎臓に負担がかかっていることを暗示しています。特に付き合いなどで日頃からお酒を飲む人は要注意。

各臓器の働きが低下しているでしょう。最初は真っ直ぐだった線が途中から蛇行し出している場合は、急に病気が悪化する恐れがあるので更に注意してください。

また、途中で中断している線や切れ切れになっている線は、胃腸が悪くなっている証。暴飲暴食やストレスが原因で体調を崩すことになりそうです。いずれにしても生活の見直しが必須となるでしょう。

健康線についてもっと詳しく知りたい方は本格的な手相占いをお試ししませんか?話題沸騰の手相占いで今後の人生をより良くしていきましょう!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです