loading...
menu

運命線の概要や形状から見た線の意味について

「運命線」とは手のひらの中心あたりの場所に現れる、手首から中指に向かって縦に伸びる線のこと。その名の通り、その人が辿る運命や運勢の強さ、そして現在の状況や満足度などを表します。

主に転換期を暗示する手相であり、就職や結婚など、人生の転機となる大きな出来事を読み取ることができるでしょう。反対に障害やトラブルなどをあらかじめ読み取ることも可能。

運命線の位置から、自分の人生のいい時期と悪い時期を知る事が出来ます。手首付近から伸びている人は、20代までに運勢がいい時期が来て、手の真ん中よりから伸びている人は、30代頃に運勢がよくなってきます。

運命線は流年法に則っているので、何歳頃にどんな出来事が起こるかを知ることができます。また、今の自分に満足しているかどうかや、これから実力で運命を切り開いていけるかどうかなどを読み取ることもできるでしょう。

あなたの運命線を診断して開運する方法についてお調べいたします!詳しくは下記ボタンから!

自分の手相を調べる

よくある形状から運命線の意味を知ろう

運命線が太い時の意味

太くハッキリと刻まれた運命線を持っている人は、仕事運が抜群。自分の才能を発揮できる適職を見つけ、満足いく仕事をすることができるでしょう。気力がみなぎり、エネルギッシュで充実した毎日を送れるはずです。

目標達成の意志が強く、たとえ困難が訪れても持ち前の才能と努力で乗り越えることができるでしょう。経済的にも恵まれ、晩年まで仕事やお金に困ることなく過ごせるはずです。

ただし、女性の場合は「家庭に入らない」ことを暗示している場合も。独身のまま人生を過ごしたり、結婚しても働かざるを得ない状況になったりするかもしれません。

それから、運命線が濃くはっきりしている人は、空気が読めない傾向があるようです。調子に乗りすぎないように気をつけてください。運命線がはっきりした男性がパートナーの女性の方は、彼の浮気に注意しましょう。

運命線が細い時の意味

線が薄かったり細かったりする運命線は、やりたい仕事や目標が見つからない暗示です。目的がないので、就職する際も流されてなんとなく決めてしまうでしょう。

たとえ希望した職業に就けても、実力や才能を発揮できる場面に恵まれずに終わってしまうことも。性格的にはやる気も根気もなく、優柔不断でいつもぼんやりしている人に多いようです。

ただし、見方によっては地味でも堅実に生きていくことができる人とも言えるでしょう。また、女性の場合は「家庭に入る」ことを暗示していることもあります。結婚を機に仕事を辞める場合、運命線が細くなるでしょう。

運命線が蛇行している時の意味

運命線がぐねぐねと波打つように蛇行している場合、その人の運勢も安定しないと言えます。人生において迷ったり悩んだりすることが多くなるでしょう。本人の優柔不断さが災いし、周りに振りまわされたり影響されたりするはずです。

気持ちが落ち着かず、フラフラと過ごしてしまうでしょう。また、目的を持っていたとしても家族や環境など何らかの事情によって、進路が停滞したり回り道となったりすることも。

物事が思い通りに進まず、苦労してしまうかもしれません。しかし回り道も決して悪いことではないので、修行だと思って乗り越えましょう。

運命線についてもっと詳しく知りたい方は本格的な手相占いをお試ししませんか?話題沸騰の手相占いで今後の人生をより良くしていきましょう!

手相で未来を変える

シェアしていただければ幸いです